今と昔の違い

カプセルトイは子どものためのおもちゃ、というイメージを持っている人も多いでしょう。1970年代は10円などで購入できるカプセルトイが多く、消しゴムやゴムボールなどが人気でした。すでに100円のカプセルトイも登場しています。キャラクターものの消しゴムなどもいろいろ販売されていました。

カプセルトイは売上累計が100万個を突破するものもあります。特定のキャラクターのストラップやマグネット、フィギュアストラップなどがそうです。さらにお笑い芸人などのストラップなども人気が出ました。現在ではマグカップに着けるキャラクターが人気です。特に大人に人気があります。

子どものおもちゃだったカプセルトイは、現在では子どもだけではなく大人も楽しんで購入するようになってきました。さらにフィギュアのカプセルトイが続々と販売されています。フィギュアが好きで集めている人が多く購入することも人気が出ている理由です。

さらに以前は駄菓子屋さんやおもちゃ屋さん、ファミリーレストランなどといった場所に置いてあるカプセルトイでしたが、今ではゲームセンターやスーパーマーケットなどいろいろな場所に設置されていて、いろいろな場所で購入できるようになりました。

リンク【ガチャガチャの設置ができるようになるカプセルトイ販売サイト あミューズ
ガチャガチャの中身からマシン、空カプセルまでトータルで販売しています。

Comments are closed.